妻垣神社 由緒

妻垣神社の始まり

妻垣神社の始まり

今より2600年も遥か昔、日向を発し東国へ向かわれる途中、神武天皇は宇佐の地に立ち寄られました。
その際、宇佐国造の祖であるウサツヒコ・ウサツヒメの兄妹は一行を迎え入れ、宮を造り盛大にもてなしました。
翌朝、天皇は朝霧の素晴らしいこの地をご覧になり、いたくお気に召されました。

天皇は連なる山々よりひと際輝く共鑰山に御母玉依姫命の御霊をお祀りする社をお造りになり、自ら祭主となって、玉依姫命の御霊を共鑰山にお迎えし、社を「足一騰宮」と名付けられました。このことより当社の歴史が始まりました。

妻垣神社 社殿の創建

妻垣神社 社殿の創建

社殿の創建は天平神護元年(765)閏10月8日、宇佐宮の八幡大神は勅使石川朝臣豊成に『我はすでに共鑰山に示現しているので社殿を設け祀るように』との御神託を下されました。
そこで豊成は当地に社殿を造り、比咩大神・八幡大神を併せて祀られました。また天長年間(823~834)には宇佐宮より神功皇后が勧請されました。

以後当社は比咩大神を主祭神として、宇佐宮八ヶ社の一社となったのです。

崇敬を仰ぐ日々

当社は官民の崇敬厚く厳粛なる祭事がおこなわれ、また社殿等もその都度修営をおこなってきました。なかでも嘉暦3年(1328)、新田義貞に敗れ九州に逃れた足利尊氏は、宇佐宮に参籠し武運の再興を祈願。当社にて流鏑馬の神事をおこない、都へと登り、室町幕府を開きました。
また貞治5年(1366)には、九州探題今川貞世(了俊)が共鑰山を始め、当社周辺での墓の建立・乱暴狼藉などを禁じた禁制を発布し、現在も住民はこの禁制を大事に守り続けています。
しかし天正9年(1581)、戦国大名大友氏の兵火によって社殿を始め、隣接する神宮寺等悉く焼失してしまいました。
その後社殿は黒田長政公によって再建され、続く細川・松平・奥平氏と歴代藩主の崇敬を戴き、多くの地田も寄進され神社は栄えていきました。

妻垣神社 明治以降の神社

妻垣神社 明治以降の神社

明治時代に入ると、国の神仏分離政策により境内にあった神宮寺延命院は廃寺となり、本尊普賢延命菩薩は、近くの曹洞宗八幡山神徳寺に移されました。
明治12年(1879)9月19日には、縣社に列格され、昭和20年(1945)まで地方長官が供進使として大祭に参向されました。

大正2年(1913)4月には、社司林正木によって神社境内に私立騰宮学館が創設され(終戦により廃校) 、その後、昭和38年(1963)まで続く騰宮女子専門学校と併せて多くの神職教員等を輩出してきました。また近年は、文豪松本清張氏の耶馬台国小説『陸行水行』(昭和36年)の舞台となり、人々に慕われ、愛される神社として今日に至っています。

妻垣神社 御祭神

妻垣神社 足一騰宮(上宮) 比咩大神 本殿(下宮) 比咩大神・八幡大神・神功皇后

当社の主祭神は、比咩大神(ひめおおかみ)という女神である。

承和11年(844)の「宇佐八幡宮弥勒寺建立縁起(承和縁起)」によると、比咩大神は、宇佐神宮第二殿の比売大神と同神であり、共鑰山を比売大神の元宮と称すと記されているように、天平5年(733)比咩大神は『我、八幡大神に副い奉らん』との御神託を下され、宇佐宮第二御殿にて祀られる。

当社 本殿(下宮)には主祭神比咩大神を一ノ殿にお祀りし、二ノ殿に八幡大神、三ノ殿に神功皇后をお祀りしている。

妻垣神社  比咩大神 ひめおおかみ

比咩大神こと玉依姫命は、海神豊玉彦命を父にもち、姉は豊玉姫命とされる。
豊玉姫命の子、鵜葺草葺不合命を育て、後に妻となり、のちの初代天皇となる神武天皇を産み育てられた神である。

このことより子孫繁栄・縁結び・安産・子宝・子育ての神と崇められ、家庭円満、夫婦和合の象徴として崇敬される。

妻垣神社  八幡大神 はちまんおおかみ

八幡大神こと応神天皇は、第15代天皇であり、父に仲哀天皇、母に神功皇后の間に生まれた御子である。

御神徳は国家鎮護・家内安全・殖産興業・厄除開運とされ、特に古くより武士に厚く崇敬され、武将の神という面が強い。
また神仏習合の神としても知られている。

妻垣神社 神功皇后 じんぐうこうごう

神功皇后(息長帯姫命)は、第14代仲哀天皇の御后とされ、第15代応神天皇の御母となられた方である。

御神徳は神人交歓・勝運・開拓・安産・子宝・子育てとされ、応神天皇を胎中に宿して朝鮮を征伐したことでも知られている。